雑記
日々の雑記帳 お気に入りの雑貨・懸賞・本などの紹介
プロフィール

けちゃ

Author:けちゃ
わがまま・自己中と言われようとも人生の主役は自分
勝手気ままなパラサイト・・・いいのか自分 <いやよくないんだけど・・・
ことのは  wa ことだま

CalendArchive

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

フリーエリア



moon phases
 

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水寺展
アイーダ 開演前までに 清水寺展に行ってきました。
あの~これだけの仏像を持ち出していいんでしょうか?
というほどありました
普段 めったに目にすることが出来ない 四天王以外の阿修羅や名前が出てこないけど かぐらなどなど あまり仏像づきでないと出ないような名前の仏像がいっぱい
こころ洗われる時間でした。

PS ここに行くために、すたこらさっさと歩いていると、向こうから 背が高い 細い~ 男性が歩いているなあ~と思っていたら ご出勤中の四季の俳優さんでした。ビックリした
清水寺展


スポンサーサイト
海の神々
1年ぶりに九州国立博物館へ行きました。
やはり 開館展に比べたらいまいちでした。
アイーダの方々が見た 宗像大社の指輪は入れ替えで腕輪に・・・
平家納経の優美さに感動

常設展も今回は じっくり見てました。
早く終わったら、アイーダを当日券で観ようかな?と考えておりましたが・・・無理でしたね。美術館に5時間以上居座ってしまった。笑


竃門神社にも行って来ました

神々


古代エジプト展
福岡アジア美術館で行われている古代エジプト展に行ってきました。
こちらはビルの7階というめずらしい立地にある美術館です。
ですので展示数がよく行く、福岡市博物館なんかに比べれば少ないかな?と思います
今回はドイツのヒルデハイム博物館の所蔵品でした。
宝石やミイラ 石棺なんかは少なかったのですが、とても状態のよい神様の像などがたくさんありました。
この私が聞いたことのない神様もいた(過去にエジプト展は数え切れないほど行っています)
こちらの美術館 穴場だと思います。ほどほどにしかどの展示会でも人がいないんですよね。
よくTVで宣伝することがある場合 芋の子を洗うほどいるのですが、とっても見やすくてよかったです。
地下にぴあがあるのでそちらで前売り券を買って入場するのが便利です。
個人的に思うのですが入場券が1000円だと・・・
1200円以上だとそこそこお気に入りの展覧会が多いように感じます。
エジプト展





追記:お隣の博多座では8月宝塚公演の初版のちらしがあった。正式版はもう少し先かな?

アンコールワット展
昨年博多の福岡アジア美術館で見たアンコールワット展にチケを頂いたので再度行った。
地元百貨店にて開催
なんとなく前よりも少ない気がした?
ほとけさまのお顔が柔和で大好きです。
何度見てもあきないわあ~
それにおおらかですよね~ いろんな意味で(笑)
アンコールワット ゼンリンちけ


ルーブル美術館展
時半の開館に間に合うように福岡市博物館へGO しかしちょっと遅れたのですが、すでに芋の子を洗う人。
ルーブルのエジプト展があったんです。
エジプト 博物館1



それよりも霊感なんかまったくないしそこの博物館よく行くんですが、なんか今回・・・へんな感じでした。
数々のエジプト展にも行っています。
ミイラの蓋を置いた部屋やなんか3部屋ぐらいはいったとたん。やばい。なんか空気がどんよりしていてここやばい。
という雰囲気ですたこらさっさ。
あれはなんだったんだろう。
某サイトでそういう感想をみたせいかしら?

ルーブルだけで何回かなあ?図録を買ってないころを含めると?
今回は買いませんでしたが、ルーブルのエジプトだけで3冊ある。ダブりの宝物も多し。
今回のものは図録の32にあったピラミッドの形をした墓標?の図が気に入った。
すごく繊細な図柄でした。イシスじゃないけど横向きの女性かな?


エジプト2


アンコールワット展
福岡アジア美術館(博多座隣)でアンコールワット展があっています。
もちろんすたこらさっさと見に行ってきました。
ルーブル展と違い人が少なくてしゃべり声もなくて凛とした空間で見やすかったです。
石像が主でした。
アジアの仏像をあまり見たことがなかったと思うのでお顔が日本のとはまた違い新鮮。
でもおだやかな感じはいっしょかなあ?
日本のよりも目がでかい。つぶってるけど
イメージは祈り でしたね。
ヒンズー教の仏像が多いのですが、日本と同じで肝要のところがあり少々神様がごちゃ混ぜの感があるそうです。
とりあえず、えとなんかから守護が千手観音のせいかもしれませんが、手がたくさんあるのに惹かれました。それにちゃんとひとつひとつ指紋というかなんていうんだっけ忘れた。が入っていました。
ルーブルといいこちらの展覧会といいはじめて「リンテル」という言葉を聞く。解説を読んでも説明がない(怒)だったのですが、やっと出入り口の上にある模様(ネットより)とわかる。
初心者もいるんだから説明書こうよ。わかりやすくね~
ベトナム風のスカーフを買ってしまった。多分マットとして使うのかなあ。シルク100%だというのに・・・
もちろん図録はお買い上げ。安かったです。1800円かな
ルーブルは2300円(買わなかったけど)チケ代はアンコールのほうが高い。
展示数はルーブル>アンコールワット 
お気に入りは アンコールワットでしたね。
内戦が終わり平和になったから展覧会をして外貨を稼げるのかな?でも見れるからうれしいです

興福寺展
興福寺

山口県立美術館に興福寺国宝展を見に行ってきました。
7年前に福岡県立博物館でやはり興福寺国宝展を見に行っており(図録所有)過去には本家本元興福寺にも宝物館にも行っており、どうしようかなあと悩んでいたのですが、えいっと行ってきました。
いや~最近久々に仏像見たけどやっぱり心洗われますねえ・・・煩悩よされ~という感じなのですが・・・ひとつどうしても気になったことが・・・ある。
それは、大変失礼だが、国宝 世親菩薩立像を右斜め後ろからみるとどうしても前法皇 ヨハネ・パウロ2世氏に見える。
初見で誰かに似てる。と思いつつも見て回りもう一度戻ってきていろいろな角度から見ていたら思いついてしまった。
前回の図録と比べてみると同じ四天王でもあまりダブっていないことが判明。
全国ではおのおの保存のためもありけっこう入れ替えがあるんだあ。と思いました。(特に仏像系)


山口瑠璃光寺


エルミタージュ美術館展
エルミタージュ美術館展に行ってきました。
赤いカーテンの向こうにあり公開されていなかっただけに絵画の状態がよいですね。
水彩画や金属多し。
エカテリーナ二世の肖像画はやはりどことなくマリーアントワネット風
同じような相手と結婚したが、生きかたは正反対かしら
馬車が来ていたのにはおどろいた。あのお衣装でよく乗れたよねえ。という扉の大きさ。
これを見ていると宮内庁にもあったよね。馬車とおもっしまった。
やはり双頭の鷲ですからハプスブルグ系。ヨーロッパの王族はどこも親戚~
各地から観光バスで団体さんが来ておりあまりよく見れませんでした。
やはり美術展見るなら平日だね。

エルミタージュ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。